TOKYOlife(東京ライフ)

Jedia Jedia

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 若手にゃまだまだ負けません! 名門による名門らしからぬ50周年コレクション。

UPDATE:2019.11.22

COP or DROP? 【vol.05】

若手にゃまだまだ負けません! 名門による名門らしからぬ50周年コレクション。

ここ最近よく感じるのが、昔に比べアグレッシブな中高年層が増えたということ。仕事柄もあるかもしれませんが、会う人みんなバイタリティに満ち溢れているような…。やっぱり人間、元気が一番です。

で、その傾向、実はファッション業界にも訪れていまして。とある老舗は若手と手を組んでバンバン共作したり、また別の権威あるブランドが今までとは180度違う斬新なアイテムを提案したり。

ある程度の立場になっても挑戦し続ける。そういう攻めの姿勢がファッション・アディクト達の心をグッと掴むんでしょうね。ちなみにこういうチャレンジャー気質、実はLAVENHAM(ラヴェンハム)にもあるんです。



丸くならずに尖り続ける。そんな思いを詰め込んだ黒の衝撃!


恐らくここを知らない人はほぼいないかと。英国らしいトラッドな雰囲気に洒落たダイヤモンドキルト、あえてモコモコにしないスマートなルックスと、洒落者御用達のアイテムで名を博す英国の名門です。

そんな同ブランドの創業50周年を記念して作ったのが今回ご紹介するアニバーサリーモデル。全てのアイテムをブラックで統一していることから分かる通り、まさかのモード全振り!




全て語りどころ満載ですが、要注目はコーチジャケット。真っ先にスケーターを思い浮かべるぐらいスポーツ寄りのアイテムを、まさかラヴェンハムが採用するとは…!

ラブンスターキルティングコーチジャケット【50th anniversary】





ディティール部分も相当なこだわりよう。例えばフロント部分の仕様。普通ならジッパーを採用するところですが、あえてのマジックテープ式を採用。もちろん開閉用ですが、デザイン上のアクセントとしての効果も。




シルエットは大き過ぎず小さ過ぎずのちょうど良い塩梅。ただし黒の色味により見た感じはシュッとした雰囲気。気楽に羽織れるのにモードでスタイリッシュ。こういうアイテム、結構珍しいかも。



もちろん他のアイテムもスペシャルな仕様。Jediaのお喋り担当ことオシャクソン・オザキがブログで取り上げたキルティングパンツとストールもかなりの出来栄え。各アイテムはブランドのトップページからご確認あれ。

…それにしても、アニバーサリーイヤーとなると今までの集大成的アイテムをリリースしそうなものですが、ここはまさかの意欲作。まだまだ先に進もうとしてますね、間違いなく。

若手からも憧憬の眼差しを向けられているであろう当ブランド。丸くならずに尖り続ける、そんなスタンスで生み出された黒の衝撃にノックアウトされちゃってください!



LAVENHAM(ラヴェンハム/ラベンハム)
ラブンスターキルティングコーチジャケット【50th anniversary】
¥44,000 (税込)


LAVENHAM(ラヴェンハム/ラベンハム)
1969年、ロンドン北東部SUFFOLK州の小さな村、LAVENHAM(ラベンハム/ラヴェンハム)で設立したブランド。


--
Edit&Write By Daigo Iima

関連キーワード
COP or DROP?LAVENHAMラヴェンハムラベンハム50周年アニバーサリーアイテム黒の衝撃攻めの姿勢

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...