メルマガに登録しよう!

 

ログイン/新規登録

TOKYOLIFETOKYOLIFE

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS
  4. サイコクラッシャァァァー!!

2017.12.11 Mon

TOKYO WHEELS

サイコクラッシャァァァー!!

週末は東日本橋店に立っておりました、ヨシザキです。

さて、唐突ではございますが、ベガと聞いて皆さま何を思い浮かべますか!?

 

「デネブ、アルタイル、そしてベガから成る夏の大三角形!」

⇒そう答えた方は、ロマンチスト。

 

「やっぱり、現在実施中のCHROME(クローム)TREADWELL COLLECTIONのバッグをお買い上げのお客様に、もれなくCHROMEオリジナルビーニーをプレゼント!!な、キャンペーン対象商品のVEGA BRIEFでしょ!」

⇒アナタは、TOKYO Wheelsマニアに認定です。

 

でも、こう答えるの方も多いのではないでしょうか!?

「ストファイのベガっしょ!(笑)」

というのは冗談ですが、その手にしているのが、噂のVEGA BRIEFでございます。

でも、今回ご紹介したいのはバッグのベガではなく、着ているジャケットの方のベガ。

VEGA Jacket ¥38,880 (税込)

 

tilak(ティラック)の定番となったVEGA JACKETに使用されているメインファブリックは、あの有名なゴアテックスが開発するWINDSTOPER®(ウィンドストッパー)という生地。

軽くて強度の高いリップストップ生地を表層面に使用し、防風性と透湿性に優れたメンブレンを2層目にボンディングした、2.5レイヤーの超軽量ウィンドシェルジャケット。

表面にはDWR(耐久撥水)加工を施し、縫い目も裏側からシーリングしているので突然の雨でも十分に耐えられます。

 

で、何故このタイミングで、このジャケットかと言いますと、ゴアテックスにも負けず劣らずな高性能アウターだから。

ゴアテックスシリーズとウィンドストッパーとの違いは、防水性の高さの違いのみ。更に言うなら、ゴアテックスが完全防水と謳うために検証される暴風雨テストを受けているかいないかだけ。

つまり、そのテストを受けていないだけでかなり高い耐水性を持ち合わせており、透湿性においてはゴアテックスにも勝る優秀な生地なんです。

だから、GORE-TEX® の中でも軽量な3レイヤー生地であるActiveよりもさらに高強度なアクティビティーに適しています。

「そう、つまり自転車です。」

乗り始めこそ寒いですが、ある程度しっかり走ると暑くなり過ぎたり、汗や蒸れが不快になったりしてきます。

「だから、VEGA JACKETです。」

撥水性を持ち、防風性と透湿性という相反する機能を両立したファブリックは、まさに自転車シーンにおいて最高の機能。

シルエットもやや細身に仕上げており、tilakお得意のパターンとメカニカルストレッチのお陰でかなり動きやすい。

ただ!流石にこれだけでは寒い。

ミドルレイヤーに暖かいモノを合わせましょう。


カモ柄セーターフリースフルフェイスパーカー【TOKYO Wheels別注】 ¥15,120 (税込)/CCP

とか、


スウェットライクムートンジャージ―フルフェイスパーカー【TOKYO Wheels】 ¥15,120 (税込)/CCP

とか、


ツウィード風ムートンジャージ―フルフェイスパーカー【TOKYO Wheels別注】 ¥15,120 (税込)/CCP

とか。

暑がりのワタシはコレぐらいのアウターがちょうど良い。

もし、しっかり防風して蒸れにくいアウターをお探しでしたら、VEGA JACKETを是非ご検討ください。

もちろんバッグは、VEGA BRIEFで。

 

ヨシザキ

この記事を書いた人

ヨシザキ

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
よくある質問 TOP10
ショッピングガイド
会員サービス
マイページ
About us
FOLLOW TOKYOlife

© Copyright Tokyo Life Inc. All right reserved.