メルマガに登録しよう!

ログイン/新規登録

TOKYOLIFETOKYOLIFE

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. 3つのサイクルポロシャツを着比べます。

2018.06.07 Thu

TOKYO WHEELS 大阪店

3つのサイクルポロシャツを着比べます。

こんばんわ。大阪店のキタグチです。

TOKYO Wheels 夏のトップスで定評のあるオリジナルアイテムのサイクルポロ。そのラインナップは現在3種類。
一口にサイクルポロと言ってもそれぞれに違ったキャラクターを持ていますので、簡単に見ていきましょう。

 

1.B.Dサイクルポロ【St.Louis】


ポロシャツと聞いて、一般的にまずイメージするのがこの形という最もオーソドックスなもの。FRED PERRYなんかと比べると少々ゆとりのあるシルエットとなっています。

見た目はリラックス感のあるポロシャツですが、生地はポリエステルの比率を約半分としたコットン×ポリ。速乾性の高いよりスポーティーな肌触りです。
バックポケットも装備してサイクルアパレルのテイストをしっかりと効かせています。

2.プレーティングニットポロ【Alamo】

お次は、サマーニットポロ。クロモリフレームなどと合わせるクラシカルなスタイルには外せない風合いが魅力です。ニットと聞くと少し暑そうかなと想像しますが、速乾性も高く意外とベタつき感がありません。

とは言っても、他の二つと比べるとやや暑くなるのは否めませんが、この風合いは他の繊維では表現できません。

 

3.ドライサイクルポロジャージ【Thibaut】

最後は、最もスポーティで”ほぼジャージ”な一枚。ポロシャツのカタチはしていますが、生地はポリエステル100%。ほとんどジャージの快適性です。
先にご紹介した2つと比べても最も走れる一枚にしあがっています。

 

シルエットを比べてみます。

ここからが、お好みの分かれるところで重要です。

身長172㎝、体重57㎏の私キタグチが全てSサイズを試着してみます。それぞれのシルエットのご参考にしてください。

1.B.Dサイクルポロ【St.Louis】

オーソドックスで美しいシルエット。これならそのまま普段着OKです。襟がきちんと立つ台襟のお陰で、他の2つと比べてよりキレイ目な装いにもマッチします。

その他のカラーもご確認どうぞ

後ろはこのように、デザインのアクセントにもなるバックポケが付いているのがポイントです。

2.プレーティングニットポロ【Alamo】

お次はニットポロ。しなやかな伸縮性を持つ生地で程よく身体のラインに沿う様なシルエット。
細身のパンツと合わせるて「しっかり走る×クラッシク」を実現できます。

その他カラーもどうぞ

唯一の襟無しで、首音の清涼感も確保。
胸元のポケットに加え、スマホが入るバックポケットと付きです。

3.ドライサイクルポロジャージ【Thibaut】

最後は、最も走れるポロジャージ。いわゆるレースジャージほどのタイトさはありませんが、バタ付きを抑えるシルエット。

その他カラーもどうぞ

少し短い身丈に長めの着丈がジャージライクです。背中に入るラインがグッとサイクルウェア感を演出します。

 

以上、簡単ではございましたが、サイクルポロ選びのご参考になれば幸いです。

1.普段着感覚で快適ロングライド:B.Dサイクルポロ【St.Louis】
2.クラシックな世界観でもしっかり走る:プレーティングニットポロ【Alamo】
3.もっとも走れるほぼジャージ:ドライサイクルポロジャージ【Thibaut】

大阪店 キタグチ

この記事を書いた人

キタグチ

私の身体は、自転車とファッションとユーモアで出来ています。自転車をファッションの一部と捉え、洋服を身にまとうように自転車に跨ります!自分の力でどこまでも自由に進む自転車は、乗り方もスタイルも全て自由で、縛るものはありません。自分の信じる”カッコいい”で楽しくペダルを回しましょう!!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
よくある質問 TOP10
ショッピングガイド
会員サービス
マイページ
About us
FOLLOW TOKYOlife

© Copyright Tokyo Life Inc. All right reserved.