メルマガに登録しよう!

 

ログイン/新規登録

TOKYOLIFETOKYOLIFE

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO Wheels 大阪店
  4. ショーツシーズンはじまり。いきなり本命きちゃったか!?

2017.05.18 Thu

TOKYO Wheels 大阪店

ショーツシーズンはじまり。いきなり本命きちゃったか!?

本日は、シフト的なアレでソロ営業中なわたくし
寂しーのでご来店お待ちしておりまーーーーす!(今チョット外に出ておりまして、18時過ぎには戻ります~)

 

さて関西のみなさま(この調子じゃ東京も?)、今週末~来週の天気予報は、見ましたか?26℃だ28℃だと、ズラリと夏日。

こうなりますと一気にお店から出てゆきますのがショーツ。みなさま『そろそろ欲しいなー!』と思われる時期はピタリと一致するものでして。

そんなショーツシーズン突入目前の今、ウチ的には、探しても意外と見つからない「膝ギリギリ上丈」の、上品でアダルティなコイツが一押しではあるんですけども

 

実はもう一品、膝チョイ上の逸品が今シーズン、ひっそりこっそりデビューしております。

カリテショートパンツ / narifuri(ナリフリ)¥23,760 (税込)

 

narifuriの夏の傑作オリジナル素材『カリテ』

遡ること数年前「夏向きの涼しさとストレッチ性、耐久性を兼ね備えたオリジナル素材」としてデビュー、一気に人気をさらったこのカリテという素材。

ストレッチ性や速乾性を持たせるためのポリエステル77%と、強度と風合いを出すための綿23%。
また、綿サイドとポリエステルサイドを二度染める「二浴染め」という高度な染色方法で絶妙な色合いを表現。

結果生まれましたるは、薄手であるのに引っ張り強度が高め、そして化繊っぽくない風合いとは真逆の素早いドライ能力。
そして、スポーツ用品店の速乾ショーツにはまず見られない、コットンライクで軽いオシャレな風合い。

そのシーズンで無くなるには非常~~に非常に勿体ない良素材でしたが、翌年以降も無事ラインナップされ今に至ります。今シーズンは以下の二本のパンツがやはり、ご好評いただいてます。

カリテロングパンツ / narifuri(ナリフリ)¥25,920 (税込)
足がやや太めな方や、ヒップまわりに自信がない方でも良シルエットが出せるパンツとして大阪店では人気。

 

カリテクロップドパンツ【TOKYO Wheels別注】/ narifuri(ナリフリ)¥24,840 (税込)
ロングタイプの特徴をそのまま受け継ぎつつ、よりカジュアルで涼しいクロップドタイプ。

 

満を持してショーツ登場。初心者にも◎

そんな人気のパンツたちの末弟として今年、待望のショートパンツがデビュー。
そのシルエットは、兄ゆずりの腰回りややユルめ。そして若い方からご年配の方まで幅広く楽しみやすい「膝チョイ上」の丈としました。
腿がほとんど隠れるため小僧感が出にくく、ある意味ショーツ感が薄い。これは、ショーツを初めて履かれる方にはまさにベスト!

 

「ユルめのジャージ」との相性も抜群

今年特に売れている、ユルいシルエットのサイクルジャージ。街乗りからチョイ遠出までカバーする新定番で、このあたりが特に人気。
そんなユルめのジャージとも、このパンツはとても好相性です。

 

変化球もお手のもの
Tシャツやポロなど、夏はどうしてもトップスがドシンプルになりがち。今日の俺、なんだかフツー?って日も多々あるわけです。

↑上下ともジャストサイズで着てますが、やっぱり何か、フツー。全体のシルエットが素直過ぎる?動きがないというか。面白くありません。
そんなときは裾のドローコードを絞りまして↓

 

こう!

グッと表情を変えられます。
(うーんちょっと、分かりにくい?店頭だとイッパツなんですけどねー。)

バルーンシルエット、とまではいかないんですけど(むしろいかなくて良し)
程好く個性が生まれ、アウトドア色・カジュアル色が強くなります。
Tシャツや、今年も要注目のスポーツサンダルとの相性がすこぶる良くなる、というわけです。あと意外と、キレイめのシャツがいい。

「暑い時期にトップスの重ね着はゴメンだけど、シンプルでもお洒落に着たいんだよねー。」
決して少なくないはずのそんなご意見を汲んでくれる、稀有なパンツなんです。

 

余談ですがこの裾絞りテク、ショーツのシルエットが細いとダメなんです。いくら裾を絞ってもうまく膨らまないし、動きにくくなります。面白いものですね。

 

最後に、サイズ感。
このショーツ、他のnarifuriのパンツに比べてやや大きめです。
参考までに、普段はMサイズをチョイスすることが多い私(169センチ/62キロの標準体型)の場合、Sサイズでもまだ少々余裕あり。標準体型を自負する方は1つ下のサイズもご検討くだされば。

 

気になっていただけましたら、今週末はぜひ各店店頭でご試着をー。

 

シゲマツ。

 

この記事を書いた人

シゲマツ

タイヤの太い自転車と釣りと自然をこよなく愛するTOKYO Wheels大阪店スタッフ。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
よくある質問 TOP10
ショッピングガイド
会員サービス
マイページ
About us
FOLLOW TOKYOlife

© Copyright Tokyo Life Inc. All right reserved.