メルマガに登録しよう!

ログイン/新規登録

TOKYOLIFETOKYOLIFE

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO Wheels 大阪店
  4. ピチピチ、タイトに着ない方が正しいジャージもあるのです。

2017.04.16 Sun

TOKYO Wheels 大阪店

ピチピチ、タイトに着ない方が正しいジャージもあるのです。

サイクリストが爆増した過去10年。
人の増加とともに今や価値観も多様化して、昔は当たり前だったことが今や当たり前でなくなってたり、結構ありますよね。
おいそれと「これが正解!」なんて言えなくなってるように思います。

サイクルジャージの着方だってそうです。
以前はピッタピタのサイジングで、ボトムは絶対レーパンかビブで~、だったと思います。
快適性やレースでのパフォーマンスを考えればそれはやはり最も正解に近いものでしょうし、何せその歴史が違います。

 

ただ、追い込んだ走りをしない方には無用の長物であるのもまた確か。
リラックスして自転車と付き合う方には、それらしいサイクルジャージの楽しみ方をぼくたちはオススメしたいです。

ガチ乗りはしないけど、ポーズやファッションでサイクルジャージを着たい、楽しみたい。
それにジャージの快適性は捨てがたい。だから着る。ゆったりめで。
全然イイと個人的には思います。いまやそれがオッケーな時代なんですから。

 

そんな世の流れをキャッチしてか、いち早くユルっと楽しめるジャージやレーパンを手掛けてきたnarifuri。
いつも斜め上の発想で楽しませてくれる、narifuriのサイクルジャージ&レーサーパンツですが

近年最大のヒットはこの

サイクルジャージ・スプリット【scale stripe】/ narifuri(ナリフリ)¥16,200 (税込)

スプリットタイプのサイクルジャージ。

そう、スプリット(枝分かれ)。縦ファスナーじゃない。

 

・ファスナーを脇に沿って配置することで、前傾姿勢になった際にファスナー部分のたるみを抑える
・この構造によりファスナーが顔に触れるストレスを軽減する

etc…理由はありますもちろん。でもあえて「なんで?」って訊かない方が正解なんだと思います。
ただただ、このデザインを世に出してくれたこと、昨年多くのお客様が「良い!」と受け入れてくださったことに感謝を。

ちなみに、元ネタはnarifuri最大のヒットアウター、プルブレーカーからなのは、言わずもがな。

 

さてこのジャージ、サイズ感が“絶妙に”ユルいです。
普段トップスはMサイズを着る、169センチ/62キロの私が、このジャージのSサイズを着ると・・・

こんな感じになりました。普通のサイクルジャージにくらべれば、明らかにユルいです。でもちっとも違和感がないのは、スプリットタイプならでは、なのでしょう。

ただオーバーサイズを着れば良いんじゃないんだぞと、ジャージに教えられてる気分。

 

ちなみにMサイズだと、こうです。こっちも悪くないっす。

(こちらは比較用のSサイズ↓)

 

ウィールズでのお取り扱いは、ほかに

ソリッドブラック

サイクルジャージ・スプリット【Solid BK】/ narifuri(ナリフリ)¥16,200 (税込)

 

昨年、瞬殺だったモノカモ×手信号

サイクルジャージ・スプリット【HAND SIGN】/ narifuri(ナリフリ)¥16,200 (税込)

 

既存の価値観をひっくり返せるものこそが新しい流れを作り、シーンを面白くしてゆきます。

このスプリット・ジャージからは、それだけの魅力とチカラを感じずにはおれません。

 

 

【おまけ】
POCコーナーはじめました。

春夏のみコレクション展開されるブランドだからか、入荷が少ないからか、現在Onlineで売れ売れ中につき、早くも消滅の予感。。

POCの新作についてはタイムリーにも本日の三宿店ブログにてイキくんが語ってくれています。ぜひご一読を。

 

シゲマツ。

この記事を書いた人

シゲマツ

タイヤの太い自転車と釣りと自然をこよなく愛するTOKYO Wheels大阪店スタッフ。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
よくある質問 TOP10
ショッピングガイド
会員サービス
マイページ
About us
FOLLOW TOKYOlife

© Copyright Tokyo Life Inc. All right reserved.