メルマガに登録しよう!

ログイン/新規登録

TOKYOLIFETOKYOLIFE

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO Wheels 大阪店
  4. サイクルキャップ徹底(?)比較。

2016.07.10 Sun

TOKYO Wheels 大阪店

サイクルキャップ徹底(?)比較。

暑ッ!

街乗りと言えどもキャップが必須のシーズンに突入しましたね。

今夏はかなりの猛暑との噂(というか疑いもなくそうでしょう!)。熱中症予防にはもちろん、暑さで頭がぼーっとしてしまってライドが楽しめない、なんてことになりませんよう、被り物による対策は万全にされることをお勧めします。

 

今シーズン、TOKYO Wheelsで取り扱っております夏向けのサイクルキャップは20型あまり。中でも人気の「GIRO」「POC」「narifuri」「velo spika」にスポットを当てます本日の大阪店Blog。

 

まずは1番人気のこのキャップから!
c0

サイクルキャップ【GIRO CLASSIC COTTON CAP】/ GIRO(ジロ) ¥3,456 (税込)

DSC09490 DSC09491

GIROのCLASSIC COTTON CAP。

これぞサイクルキャップのスタンダード!というべき3パネル(左右+センター計3枚の生地を縫い合わせるタイプ)ながら、ダーツを適所に入れ、頭に沿うようなシルエットを作り上げてます。元々のサイズ感にゆとりがあるためか、大きいと言われる日本人の頭にもマッチしやすく、ご試着からのお買い上げ率が非常に高い、毎年人気の定番モデルです。ジャージスタイル、街乗りスタイル、どちらにもハマるデザインと質感もマル。

 

 

c02

サイクルキャップ【Peloton Cap】/ GIRO(ジロ)¥3,780 (税込)

続いて、Peloton Cap

DSC09492 DSC09493

同じGIROのキャップでもCLASSIC COTTON CAPとは対照的にタイトめ。でもよく伸びるのがこのモデルです。汗を貯めにくく蒸れにくい素材と、ヘルメットの中での収まりのよさが人気のヒミツです。Tシャツやポロとはイマイチながら、サイクルジャージとの相性はバツグン!速乾性が高いので本当に暑い時にこそ活躍してくれます。

 

 

c2

サイクルキャップ【POC FONDO CAP】/ POC(ポック)¥4,320 (税込)

北欧らしいカラーリングで人気のFONDO CAP。

DSC09494 DSC09495

北欧を代表するウェア&ギアブランドのPOCがリリースするキャップのサイズ感はずばり、タイトめ!GIROのCLASSIC COTTON CAPと比較してハーフサイズほど小さくなります。被りの深さもやや浅い。頭が小さめの方や女性の方は特に重宝するモデルだと思います。販売店も入荷も少ないので、他人と違うモデルをお探しなら狙い目です。シルエットが全く同じの兄弟モデルもあります。12

 

 

c2

サイクルキャップ【Ripstop Mesh Cap】 / velo spica(ヴェロ スピカ)¥3,996 (税込)

隠れた人気モデル。いつの間にか売り切れているRipstop Mesh Cap

DSC09496 DSC09497

東京でハンドメイド、なのにお値段お手頃なvelo Spica!今季は暑さのためかこのメッシュタイプが好調です。ゆとりのあるサイズ感とシルエットがカジュアルライドにマッチ。元々被りやすい4枚の布で縫いあげる4パネルタイプですが、更に4つのダーツを加え、とても被り易く、頭の大きさに自信がない方もカバー。頻繁に売り切れを起こす人気ブランドですので、サイズがカラーが選べるときはチャンスです!

 

 

c1
ジェットキャップ / narifuri(ナリフリ)¥6,264 (税込)

そしてオオトリはnarifuriの定番キャップ、ジェットキャップ

DSC09498 DSC09500

※大阪店販売分がSOLDしてしまったため、画像は兄弟モデルのヘビーメッシュジェットキャップになります。

新しいカタチのサイクルキャップをお探し、もしくはサイクルキャップが似合わないと自己評価されているなら一度はお試しいただきたいのがこのタイプ。
古くはメッセンジャーやキャンパーが好んで被り、最近ではマラソンでも人気の「ジェットキャップ」をサイクルキャップのシルエットで再構築したもので、近年のトレンドの最大の波であるアウトドアテイストをうまく自転車に落とし込んだ傑作です。

自転車を降りてもファッションアイテムとして通用するのがこのタイプの最大の特徴で、ベースボールキャップと同じ感覚で被れる新しいものをお探しの方にもおすすめです。
カタチは1タイプですが、カモ柄や総メッシュなどバリエーションがかなり豊富です。今年は既に一度完売状態となり、先日なんとか再入荷。ですが既にSOLDとなったモデルも。お急ぎを!

 

 

夏物の入荷もそろそろゴールが見え、キャップに至っては恐らく秋までNewモデルの登場は無さそう。

夏本番に必要な物に限って、いざ夏本番になるともう残っていないのが常です。どうぞ、梅雨のうちにご用意を。

(シゲマツ)

 

 

 

この記事を書いた人

シゲマツ

タイヤの太い自転車と釣りと自然をこよなく愛するTOKYO Wheels大阪店スタッフ。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
よくある質問 TOP10
ショッピングガイド
会員サービス
マイページ
About us
FOLLOW TOKYOlife

© Copyright Tokyo Life Inc. All right reserved.