メルマガに登録しよう!

 

ログイン/新規登録

TOKYOLIFETOKYOLIFE

2017.04.14 Fri

ASSOS PROSHOP TOKYO WEST

ASSOS×GIROといえば。



以前のBlogで、ASSOS店舗にてGIROアイテムの取扱いを始めた旨をお知らせしましたが、なかなか反響がありまして。

やはり、GIROのシューズとヘルメット、特にハイエンドモデルとなると実物を見られる店舗も多くはないため、ご来店されたお客様が食い入るようにアイテムを見ていらっしゃいます。



先日まではSYNTHE×FACTOR TECHLACECINDER MIPS×SENTRIE TECHLACEという組み合わせでしたが、このTECHLACE系シューズが人気で現在品薄、その代わりと言ってはなんですが、置くシューズのモデルを変えました。

やはりGIROと言えばコレ。使い始めて1年が経ちました。私モガワも愛用しているEMPIRE SLXです。一年経って、足馴染みがさらに良くなった気がします。アッパーはいわゆるマイクロファイバー系の素材ですが、程良い柔らかさが出てきました。ヘタレることもなく、使用開始からおそらく5000kmくらいは乗りましたが、耐久性もバッチリで何の不満もありません。

アッパーデザインはシンプルで、飽きることもないので、一年経ったいまでも「カッコイイ」と素直に思えます。

他メーカーに比べて細身なイメージで、足幅が細くて甲も低い私の足にはシンデレラフィットのようなシューズです。踵のホールド感も不満ありません。また、シューズ特有の締め付け感が素晴らしく、特に足首に一番近い部分をしっかり締めれば、シューズ内での足のホールド感がさらに向上します(個人的にはココが一番重要ポイント)

薄くて硬い、充分すぎる剛性を持つソール。しかしながら硬すぎるということはなく、絶妙にしなっているような感覚で、レースのラストや長距離ライドの終盤でも疲労感を感じにくいのが特徴です。

軽さは正義。一分間に80~100回転している足首から先の部分が軽くなると、ペダリングや脚への疲労も全く違うものになります。一般的なシューズに比べて30g近く軽い仕上り(175g)は、クリートを付けてやっと他メーカーのシューズと同じくらいの重さ。

高価なシロモノかもしれませんが、使うことによる満足度の方が圧倒的に得るものは大きいと、胸を張って言えます。現在、シューズの新調でお悩みの方は、是非選択肢に入れていただければと思います。明後日のレースも、このシューズで頑張ってきますよ。

そしてそして。ASSOS×GIROといえば、そう、BMCですね。

BMCレーシングチームのレプリカジャージやビブショーツ、キャップ、ソックスなどが早ければ4月末には入荷予定との連絡が代理店さんより入りました。こちらも楽しみにしていてくださいね。

モガワの今月出勤予定日
21(金)
22(土)
28(金)
30(日)

この記事を書いた人

オガワ

TOKYO Wheelsが好きすぎてついにはTOKYO Wheelsで働き始めてしまった自転車バカ。いわゆる坂バカでもある。今ではお店に立つことはほとんどなくレアキャラ化しており、基本的にはWebの中の人。自転車とファッションを融合させ、それをカルチャーとして発信すべく、日々奮闘中。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
よくある質問 TOP10
ショッピングガイド
会員サービス
マイページ
About us
FOLLOW TOKYOlife

© Copyright Tokyo Life Inc. All right reserved.